ソファの選び方

ソファの選び方

ソファは欲しいんだけど、どれを選べばいいか迷う…
ロウヤでは、それぞれに合ったソファの選び方のコツをお伝えいたします。

  • ソファイメージ画像_01
  • ソファイメージ画像_02
  • ソファイメージ画像_03
配置場所

1. まずは部屋のサイズを測ろう!

見取り図

まずは、ソファを置きたいお部屋のサイズを測ってみましょう。
ドアや窓、コンセントや、スイッチ、エアコンの位置もあれば
もっとよいでしょう。 慣れないと大変ですが、簡単な絵を書く
より分かりやすくなります。
そうすると、ソファが置けそうな場所が見つかりますね。
見付けた場所の候補から、実際にソファを置く場所決めましょう。

2. 設置予定場所に座って想像してみる

そして、そのソファを置く予定の場所に、一度座ってお部屋を見渡してください。
自分の日常の生活行動に対して、大きな使い心地の不便は発生しませんか?きちんと生活動線は確保され
ていますか?生活動線とは、日常生活において自然と通行する経路の事。ここが適切な幅で確保されていないと、快適な生活ができなくなるでしょう。ソファはリラックスする為の家具です。
出来る限り、使っていく中で快適な環境になるように心がけましょう。

種類と選び方

1. シチュエーションや好みに合わせてソファの形を選ぶ

ソファにはたくさんの形があります。そしてそれぞれに、その形に合った使い方があります。
誰が、何時、どのような姿勢・体勢・シチュエーションでソファを使うかをイメージしてみてください。
リビングで家族団欒につかうなら、全員が座ってリラックスできるものがよいでしょう。
1人でのんびりかうのならば、 寝転んだり、脚を伸ばせるようなソファも便利でしょう。
来客が多いのなのならば、 座り心地にクセが無く、耐久性のある素材のものがよいでしょう。
もちろん、使い方は人それぞれ。
座り心地の好みや、座るときの姿勢も違うので、生活に一番合ったものを選ぶ事が重要です。

2. ソファの種類ごとの特徴

1人掛けソファPersonal sofa

1人掛けのソファは、パーソナルソファといわれます。
オーソドックスな物から、リクライニングや、ロッキングする機能的なものまで種類は豊富です。
パーソナルの名前が示す通り、自分だけの座り心地を楽しめます。 幅は50cm~100cm 程度と用途と
デザインによって様々です。好みの座り心地と、機能、設置スペースに合わせて選ぶのがよいでしょう。
さらにオットマン(足載せ)等を併用すると、よりリラックスできるでしょう。

2人掛けソファ 2P sofa

2人が掛けられる程度の幅のあるものはラブソファといわれます。
幅170cm くらいまでのものが多く、小ぶりなそのサイズは日本の住宅事情にも相性がよく、単身者、
ファミリー問わず人気のあるサイズです。
2人掛けですが、もちろん一人でゆったり座るのにも向いており、座面に足を伸ばして座れば、
カウチファのようなリラックスした座り心地を体感できるでしょう。

2.5人掛けソファ / 3人掛けソファ 2.5P / 3P sofa

3人前後(大人3人又は大人2人+子供1人)が掛けられる程度の幅のあるものを、2.5Pや3Pソファと言います。
パーソナルソファや、ラブソファのような名称がないのは、一般的にソファといえばこのサイズを想起されることが多く、あえて2.5Pや3Pと呼ぶのは、それらとの明確な区別をするためという意味合いもいあります。 幅は2.5Pで180cm前後、3Pでは200~220cm のものが多く、その存在感はまさにリビングの主役ともいえる家具です。
2人掛けソファよりゆったりと座れ、アームが低ければ横にもなれるその大きさは、充実した休息時間を与えてくれるでしょう。

カウチソファ(L型形状) Couch sofa

ソファの座面の左右片側に、脚乗せ用の座面を追加したL型形状のソファを、カウチソファと言います。
「カウチ=寝椅子」であり、厳密にいうならばL型である必要はないものの、近年カウチというと
L型を指す場合が多くなっています。脚を伸ばし、よりリラックスする事を目的としたソファで、
オシャレな外観も相まって、 近年では人気の高い形状 です。脚乗せの形状は、ソファと一体型になっているものと、ソファから独立しているタイプがあります。 一体型は、一体型ならではのデザイン性や、連続した座面の座り心地にメリットがあります。
独立型は、独立している事により、脚乗せをその時々に応じて、ソファの左右好みの方で使えるメリットがあります。
脚乗せがある分一般的なソファよりも、部屋と物との密度や生活動線に与える影響が大きく、設置する前に、しっかりとしたインテリア計画を立てておくことが重要です。

コーナーソファ Corner sofa

ソファをL型に連続させたものを、コーナーソファと言います。
L型形状という意味では、カウチソファと似ていますが、カウチソファは脚を伸ばしたり、補助的な座面という意味合いに対し、コーナーソファの場合は、L型となっている座面すべてで、人がきちんと座れる事を前提としています。人が多く集まる場所での使用に向いており、例えば 家族集まって大切な時間を過ごすソファとしては最適 です。
室内の壁面にそってレイアウトすることにより効率的な配置を組める以外にも、カウチと違って座面すべてに背もたれがあるケースが多い為、室内空間を仕切るという使い方も出来ます。
例えばLDKで言えば、L(リビング)とDK(ダイニング・キッチン)とで明確な区別を行いたい場合にも効果を発揮します。大き目の設置スペースが必要になる事が多い為、事前のインテリア計画は十分に検討する事が重要です。

ソファベッドSofa bed

背もたれやアームが倒れたり、座面を前に引き出すなどして、フラットなベッドスペースが出来る物を ソファベッドといいます。 ソファベッドはシチュエーションに応じて変形させることにより、ソファとベッドの用途を切り替えられることが最大のメリットです。
一般的には、1人暮らし等の限られたスペースの活用や、来客時のエクストラベッドとしての意味合いで使われます。 ソファからベッドに切り替える際に、構造に応じた余裕スペースを開けておかなければならいので、 設置の際には設置スペースの他にも、可動スペースを考慮しておくことが必要です。

ソファの張地

1. 張地とは?

張り地とは、ソファに使われている生地のことです。
張地の種類を大きく分けると 「ファブリック(布地)」「合成皮革」「本革」の3つになります。
素材や色によってソファの雰囲気やメンテナンス方法が変わってくるので、ソファを置く空間や周囲のインテリアや家具に合わせた張地を選ぶことが大切です。

2. 張地の種類と特徴

ファブリック(布地)

*

メリットは、その豊富な生地の種類による、
色・柄の選択肢の多さです。 お店に並ぶまでに、
その生地は数種類に絞られてしまう事が多いのですが、高価格品ともなると、数百種類の張地の中から選択する事も可能な場合もあります。
肌触りが優しく、雰囲気も布特有の温かみがあり、有機的な室内空間を作る事ができます。
大きく分類すると、張りぐるみタイプと、カバーリングタイプのものが存在し、 カバーリングタイプでは、洗濯やクリーニング可能な物もあります。 布地に特殊加工(例えば、撥水、防臭、抗菌等)を付加した製品等も存在します。
ファブリック素材の多くは革製品より 伸縮性に優れています。革製品に比べると、耐摩耗性や、耐汚性に劣りますが、ファブリックでしか味わえない使い心地と雰囲気は、それを補って余りあるものがあります。

PICK UP

  • * 3人掛けカウチソファ
  • * 3人掛けカウチソファ

合成皮革

*

合成皮革は略して合皮と呼ばれています。
人工素材の為、リーズナブルで、非常に汚れに強く、お手入れも簡単です。 色の自由度も本革よりも高く、本革では苦手な鮮やかな色も再現する事が出来ます。 薄めた中性洗剤を染み込ませた布でふき取る事により、汚れを落とせる気軽さがあり、 そのメンテナンス性の良さから、駅や集会所、商業施設等の公共の場でも多く使われています。
一般家庭でも、汚れが気になる環境でのニーズも多い素材です。 お手入れがしやすい反面、使用環境によっては劣化が激しく耐久度に欠ける面もあります。 また人工物であるがゆえに、夏はベタつき、冬はひんやり冷たいという、人肌に馴染みにくい側面もあります。

PICK UP

  • * 3人掛けPUレザーソファ
  • * 3人掛けリクライニングソファ

本革

*

ソファでは、主に牛革が多く使われます。
革そのものの良し悪しの他に、なめし、染色・着色方法、厚み、歩留まり等で価格が決定されます。
見た目が同じようなものでも、これらの違いにより製品のグレードが変わります。
しっとりとした質感で人肌に馴染みやすく、特有の高級感を備えているという特徴があります。
天然の素材であるため、生来持っていた傷などが製品にも表れることもありますが、同じ形の商品でも、
全く同じものはこの世に一つもない証しでもあります。

定期的なメンテナンスさえ行えば、年を重ねるごとにその風合いは味を増していきます。ただし、汗や
水分、湿気、乾燥、直射日光、高温状態、皮脂、汚れに弱く、メンテナンスを全く行わなかった場合は
革のひび割れや、色剥げ、退色、しみ等の不具合が発生する事があります。
また、 メンテナンス方法は素材や染色・着色方法により違う場合もあるので、製品に応じた適切な
メンテナンスを心がける必要があります。

3. 張地の種類 比較表

張地の種類ごとの長所・短所を表にまとめました。

*
座り心地

1. ソファの内部構造で座り心地は変わる

フレーム内部

ソファの内部構造、使う素材などによって、座り心地も変わってきます。
ソファの商品ページには座り心地の動画を掲載しているページもありますので、是非あなたのお好みのソファを探してみてください。

2. スタンダードな座り心地のソファ

2人掛けソファ

適度にソフトで、適度にしっかりしている詰め物の
クッション、スプリングにはウェイビングテープのような荷重に応じ、しなやかに沈み込む物を使用し、張地も
ファブリック、革双方あまり気にせず使えるケースが多い、万能型のソファです。
好き嫌いの少ないその座り心地は、座り心地の好みの
違う家族全員でのリラックスにも、ちょっとした来客
対応にも優れており、近年のリビングで来客をもてなす
ケースの多い日本の住宅事情を考慮すると、利便性の高いソファです。
座面や背面のクッションは、デザインに応じて一体式も、独立式も双方とも存在し、一般的に、クッションは独立式の方がよりソフトな座り心地である事が多くなっています。

ソフトなソファや、しっかりしたソファと違い、その座り心地を実現するための制約事項が比較的少なく、デザインの種類の豊富さは、座り心地から分類するソファの中では一番幅が広いという特徴があります。

PICK UP

  • * 3人掛けPUレザーソファ
  • * 肘掛け可動変形ソファベッド
  • * 2人掛けカウチソファ

3. ソフトな座り心地のソファ

カウチソファ

ふんわりとしたファイバー状や、柔らかめのウレタンのクッションに、ベッドで使われる様なコイル状のスプリング、伸縮性に強いファブリックの張地や、ゆとりのある革系の素材で作られる事が多いソファで、ふわっと体を包み込むような座り心地が特徴です。やや姿勢を崩したようなリラックスした姿勢でもしっかりと体をホールドし、ゆったりと長時間過ごすことに向いています。ケースの多い日本の住宅事情を考慮すると、利便性の高いソファです。 座面や背面のクッションは、デザインに応じて一体式も、独立式も双方とも存在し、一般的に、クッションは独立式の方がよりソフトな座り心地である事が多くなっています。ソフトなソファや、しっかりしたソファと違い、その座り心地を実現するための制約事項が比較的少なく、 デザインの種類の豊富さは、座り心地から分類するソファの中では一番幅が広いという特徴があります。

4. しっかりとした座り心地のソファ

カウチソファ

密度が高めのウレタンを使い、スプリングには沈み込みの少ないSバネ、革系の素材や、しっかりとしたファブリック系の素材で作られることが多いソファで、着座時のお尻の沈み込みが少なく、しっかりとした姿勢を維持したまま過ごすことが出来ます。 座り心地が好みの方はもちろん、来客の多いご家庭や、企業の応接室等に向いており、その座り心地の実現をするために、座や背面のクッションはソファと一体となっている事が多いソファです。 ピンと張られた革やファブリック等の表面素材は、凛とした高級感や、シャープでモダンな印象を与える事ができます。

PICK UP

  • * 3人掛けカウチソファ
  • * 左右対応ロングカウチソファ
  • * ファブリック2人掛けソファ
カラーコーディネート

1. お部屋の色の構成

お部屋の印象を決定つける要素の1つとして、「色」があります。
では、お部屋は通常どのような色で構成されているのでしょうか?
色には主に、3つの要素があります。

  • ベースカラー

    主に床、壁、天井等のお部屋の大部分を占める色

  • アソートカラー

    主に建具やカーテン、家具などのベースカラーの次に面積を占める色

  • アクセントカラー

    インテリア小物、クッション、飾り物等の小面積で室内を装飾する色

お部屋の印象を決めるには、これらの色を「同調」させるか、「強調」させるかのどちらを選ぶかが
ポイントとなります。

2. お部屋の色を「同調」させるか「強調」させるか

ローソファ

同調か強調かを選ぶにあたってのその対象は、主に、ベースカラーと、アソートカラーの扱いとなります。具体的に言えば、床壁天井等の大部分に占める色に
対して、似た色の家具で統一するか、そうで無いかです。

似た色の家具で統一した場合、多くは落ち着いた空間、さわやかな空間となるケースが多く、強調した色の家具を用いる場合、元気な空間や、家具が主役の空間となります。

リクライニングソファ

どちらが正解という事は無く、お部屋の用途と、使用者の好みではありますが、居住を目的とした空間では、「同調」を選び似た色で空間を構成する事が多いようです。 それは、住居=休息・リラックスという目的があるので、目的に対しての合理的な選択ということでもあります。
ここで、少し迷うのは、床の色と、壁天井の色とどちらをベースカラーと捕える方が良いのか。

ひとつの考え方として、アソートカラーが主に接する部分を、ベースカラーとして捕えるとよいでしょう。 同調させる場合は、家具は床の色に、カーテンは壁の色と類似のものを選ぶと統一感が出て落ち着いた部屋となります。
強調させたい場合は、強調したい家具以外は壁や床に近い色を選び、色の氾濫を抑えると上手くまとまります。一般的にアソートカラーと言われるもの同士を複数の異なる色で構成する場合、その空間に統一性が生まれず、落ち着かない部屋になってしまう事が多いようです。それを回避するには、色のトーンを合せるなどの配慮が必要でしょう。

3. 色のイメージ

カラーイメージ

具体的な色を選ぶにあたっては、暖色、中性色、寒色を意識すると良いでしょう。

暖色とは、赤味を伴う色で、赤・黄・オレンジ等が代表的な色です。
非常に活発な色で、元気な空間を作るのに向いています。物の実際の大きさに対して、大きく見えてしまう効果があるので、大きな物を置く場合は、少し空間に余裕がある方が良いでしょう。

中性色は緑や紫や、白や黒、グレーのような無彩色もこれに含める場合もあります。暖色にも、寒色に属さず、それらのような明確な色の強さは無い物の、他の色と反発しずらい合わせやすさや、刺激の無い色味は、 リラックスした空間を作るには効果的です。森林の緑のイメージを想起していただけるとより分かりやすいでしょう。

寒色は、青や青緑が代表的な色です。非常に落ち着いた、さわやかで清潔なイメージを持った色で、 書斎等の落ち着いた空間に向いた色です。これらを意識し空間の用途に合わせて選択すると、心地よい空間ができるでしょう。

4. 具体的なコーディネート例

では、日本の一般的な住居を念頭におき、リビングの具体的な例を出していきましょう。
一般的な日本の住宅のベースカラーとなる部分は、床:木質系フローリング(ナチュラル系・ミディアム系・ブラウン系・ダークブラウン系)、壁:白系の壁紙、天井:白系の壁紙という構成が、非常に多くの日本の住居で採用されています。 以上を条件に、話を進めてみましょう。

統一感のある空間

  • *
  • *

まずは、床の色の特性に注意しましょう。

  • ナチュラル系の床は、明るく清潔な空間のイメージを与えます。
  • ミディアムとブラウン系の床は、穏やかな温かみのあるイメージを与えます。
  • ダークブラウン系の床は、落ち着きと高級感のあるイメージを与えます。

それが、お部屋のベースとなる印象になります。 よって、この大きなイメージに従うのが、最も効果的に統一感のある部屋が作れます。

 例えば、ナチュラルの床の部屋を例に上げるならば、ベージュや、アイボリーのソファを選び、ラグも同系統の物を。センターテーブルは床材に近いナチュラル色を選ぶ事によって、室内が同一の 色味でのコーディネートとなり、明るく清潔感を感じられる、統一感のある部屋となるでしょう。

少し室内に賑わいを持たせたい場合は、ソファかラグの一方を、中間色のものにするのもよいでしょう。同じ色味で、ソファやラグの質感があるものを用い、光の陰影で面白味を出すの一つの方法です。 このような空間には、ビビッドな色をアクセントとした、小物や花が非常に良く映えますので、 アクセントとなる小物には、思い切ったカラーの色の物を持ってきても良いでしょう。

強調した空間

  • *
  • *

ベースとなる部屋の大きなイメージは、「統一感ある空間」と共通です。
強調する家具については、ラグやセンターテーブル等の脇役のアイテムよりは、ソファのような主役となる家具1点のみを強調するのがよいでしょう。
強調する家具は、暖色、寒色問わずはっきりとしたカラーを用いるのが良いでしょう。 強調する色としての中間色は、イメージがぼんやりする事もあるので、中間色を配置する場合は、 中間色の中でもより鮮やかな色や、壁際の無彩色の近辺でより強調効果を出すのも効果的です。 基本的には、協調するものは1つの方が、部屋は綺麗にまとまるでしょう。
コーディネートの考え方としては、協調したいもの以外は、室内のイメージと統一、フラットな感じとして、強調するものを、部屋で唯一浮き上がらせるというイメージです。